同時司会の怪 芸能界の黒い噂071123

同じ時間の番組に同時に司会をするということはすごいことですね。
まして大晦日の年越し番組とは。
人気の芸能人は、爆笑問題!

前例がないというのではないそうです。過去にはひとりだけ同時年越し番組の司会をした芸能人もいたそうです。

自分で視聴率を競うのは、楽しいような、怖いような気もしますね。


お笑いコンビ「爆笑問題」が、大みそか夜に放送される民放2局のバラエティー特番で司会を務める。フジテレビ「1億分の1の男」(後9・00〜11・45)とテレビ朝日「年越し雑学王(仮)」(後11・30〜深夜1・30)で、大みそか夜に2つの番組の司会を掛け持ちするのは異例のこと。テレ朝の番組は生放送で、年をまたいで出ずっぱりになる。

 NHK紅白歌合戦の裏番組として、民放各局が力を入れる大みそか夜の番組。今年は爆笑問題がフル稼働することになった。

 フジテレビ「1億分の1の男」は、お笑い芸人や女優、文化人、スポーツ選手など100人を招き、10種類程度の簡単なゲームを行い、総額約1億円の賞金獲得を目指すバラエティー。今年4月の「第67回皐月賞」で万馬券を的中させ、約800万円をゲットした田中裕二(42)が、相方の太田光(42)とともに一獲千金を狙う100人の著名人の運試しをするというコンセプトだ。

 一方のテレビ朝日「年越し雑学王」は、爆笑問題が司会を務める深夜の人気バラエティー「クイズ雑学王」(水曜後11・15)のスペシャル版。08年最初の雑学王を決める戦いや、正月のイベントに関する雑学クイズなどを企画している。

 「1億分の1の男」は収録番組だが、「年越し雑学王」は生放送。爆笑問題とほかの出演者らで新年のカウントダウンなども予定している。

 これまで、大みそかに2番組で司会を務めたことがあるのはビートたけし(60)。98年にフジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」の特番と、テレビ朝日「ビートたけしの地獄の黙示録 世紀末ノストラダムスの大予言スペシャル」を掛け持ちしたが、それ以外にはあまり前例がない。

 爆笑問題は現在、レギュラーのテレビ番組7本のほか、ラジオや雑誌にも引っ張りだこ。大みそかから年越しにかけての特番2つを任されたことで、人気と勢いを裏付ける格好となった。

“売れっ子”爆笑問題 年越し出ずっぱり
11月23日7時2分配信 スポーツニッポン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071123-00000045-spn-ent
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。